渋谷看護へようこそ!

重要なお知らせ

学校長

稲垣 稔


この50年で社会構造も、疾病構造もそして医療も大きく変化してきました。看護師制度の変化も身近な問題としてありますが、私達は学校の理念に掲げた区民の健康を守る地域の医療の担い手である准看護師を育てる責務を担っています。生徒の皆さん一人一人が医学、医療を学ぶ喜びと辛さを感じながら、2年間の間にその豊かな知識と経験を身につけていけるよう、スタッフ一同、一生懸命お手伝いしていくつもりです。

病む人の命を預かる医療人には重い責任がのしかかりますが、最善の治療と最大の努力を提供した後に得られる患者さんの笑顔は何者にも代え難い喜びです。その喜びをともに味わえるよう願っています。




副校長

磯部 知愛

看護は、知識と技術とHeart(心)の3つが備わって看護になります。

 Professionalとしてのこれらを身につけるための基礎を我が校では大切に、学べる環境を整えています。

 看護師に必要な、根拠としての知識、安全安心に繋がる確実な技術を持ち、温かく豊かな心を築き、豊かな人間性を育んでまいります。